The Role of Empathy in a World of Exponential Change

In a world of rapid change, society is confronted by an increasing number of complex challenges and opportunities. Ensuring solutions will outpace problems requires effective collaboration and the ability to organize into fluid teams-of-teams, where every player must be a contributor and a leader.

Effective collaboration in this environment is only possible with empathy: the ability to understand and respond to the feelings of others. In a changemaker world, empathy is as fundamental as reading, writing and math. This creates a new social imperative to ensure that every child fully develops their own innate capacity for empathy.

One hundred years ago, accelerating change had reached the point that society needed everyone to be literate. Now society needs everyone to be ready to thrive in a world of constant, rapid, exponential change as a skilled changemaker. It needs every young person, parent, and educator to grasp this new paradigm for success in growing up — and in life.

Learning to #LeadYoung

Our understanding of the changemaking power of young people comes directly from our community of 3,500 Ashoka Fellows. 55 percent of our Fellows work directly with young people, and of that group, 53 percent put young people in charge of leading initiatives and projects within their organizations. Further, almost half of our Ashoka Fellows started their first changemaker ventures before the age of 21.

Building a Networked Movement with Key Partners

At Ashoka, we are working every day to build and cultivate a community of change leaders who see that the world now requires everyone to be a changemaker. Together with the Ashoka Young Changemakers and Ashoka Fellows, we collaborate to transform institutions and cultures worldwide so they support changemaking for the good of society. Among our key partners are Changemaker campuses, Changemaker schools and school districts, aligned youth-serving organizations, community leaders, schools of education, teachers’ unions, religious organizations, media partners, publishers, as well as businesses and government leaders.

エンパシー&ユースチェンジメーキングプログラム

下記プログラムは、私たちが取り組む若者向けの活動一覧です。アショカが若者や大人、団体、企業などのチェンジメーキングをサポートする様々な方法をご覧ください。また、「Everyone-a-Changemaker(誰もがチェンジメーカー)」である世界を導くための皆様のご参加をお待ちしております。

チェンジメーカー・スクール

アショカのチェンジメーカー・スクールは、すべての学生―世界をすべての人にとって良い世界に変えるスキルと自信を持つ若者―がチェンジメーカーになることを可能にします。
Read more

LeadYoung

「リードヤング」は、ストーリーテリングの取り組みです。問題を特定し、チームを編成して先導し、解決策を生み出した若者の力について広く知らしめることを目指しています。これらのストーリーにより、誰もが新しい現実について理解しやすくなるでしょう。あらゆるものが変化しており、そして「成長」という言葉の意味を再定義する必要があることを認識しやすくなるでしょう。 これにより、21世紀をナビゲートする新しいフレームワークに焦点が当たります。全ての人が他者の気持ちを考え、チームワーク、新しいリーダーシップ、そしてチェンジメーキングに取り組んでいます。
Read more

Ashoka Young Changemakers

Step Up and Co-Lead the Big Change: Make everyone a giver • Make everyone powerful • Make everyone a changemaker
Read more

ユースベンチャーとは

アショカのYouth Venture®は、教育者、学校、保護者、および企業と協力して、若者チェンジメーカーたちが4つのコア「チェンジメーカースキル」であるエンパシー、協調的リーダーシップ、流動性のあるチーム作り、チェンジメーキングを学び、実践できる環境を提供しています。
Read more

アショカU

アショカUは、「誰もがチェンジメーカー」というアショカのビジョンに基づき、何百万人もの学生を教育面でサポートするために、制度改革に向けて活動しています。大学と連携して制度改革の障壁を打ち破り、ソーシャルイノベーションの浸透を図っています。
Read more