グローバルネットワークは、学際的なスキル、起業家としてのスキル、およびソリューション指向のスキルを身につけるための教育を進めています。制度変革の障壁を打ち破り、高等教育におけるソーシャルイノベーションの文化を育むお手伝いをしています。

 

アショカUは、大学に3つの異なる機会を提供しています:

アショカUの主力プログラムであるチェンジメーカー・キャンパスは、1年ないし2年の厳しい選考プロセスを通じてソーシャルイノベーションをコアバリューとして組み込んだ大学を識別します。このチェンジメーカー・キャンパス・コンソーシアムは、キャンパス内外におけるソーシャルイノベーションの推進に取り組む主要な大学が構成するダイナミックなグローバルネットワークです。チェンジメーカー・キャンパスについて詳しくはこちらをご覧ください。


コモンズ(Commons)は、経験豊富なコーチの3か月にわたる指導のもと、イノベーション教育の様々なフィールドで活動する団体を支援するプログラムですす。アショカUコモンズについて詳しくはこちらをご覧ください。
 

エクスチェンジは、世界中の150以上の大学を代表する700以上の高等教育関係者が集まる年次会合であり、長期的変化と社会的影響力を生み出す上で大学がどのような役割を果たせるかを考えます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

アショカUの役割とは?

世界中の何百もの大学と協働するアショカUの経験に基づいて、確かなイノベーションシステムを構築する方法についての現場レベルの展望を提供しています。会話、インタビュー、分析書、および現場訪問を通じて、チェンジメーカー・キャンパスとなり得る各キャンパスでのソーシャルイノベーションの取り組みを評価・推進することを目指しています。

チェンジメーカー・キャンパスを選出する

アショカUは2008年以来、ソーシャルイノベーション教育の主要組織をチェンジメーカー・キャンパスとして選出しています。これらの組織はソーシャルイノベーションをコアバリューとして組み込んだ世界中の大学を評価するとともに、それらの大学が自己の組織制度を通じて、変革を行っていく環境をどのように構築したかを社会に伝えていくものでもあります。チェンジメーカー・キャンパスは、ソーシャルイノベーションの影響を世界規模で広げるためのインスピレーション、つながり、サポートを提供するリーダーとイノベーターのグローバルネットワークを形成します。

エクスチェンジについて詳しくは、アショカUウェブサイトをご覧ください。

Staff