Q: アショカはいつ創設されましたか?
A:

アショカは、1980年ワシントンDCにて、ビル・ドレイトンにより創設されました。1981年、第1号となるアショカ・フェローをインドから選出しています。アショカの歴史についてはこちらのページから、より詳しい紹介をご覧になれます。

Q: アショカのオフィスはどこにありますか?
A:

アショカのオフィスは5大陸36か国にあります。世界中のアショカオフィス一覧はこちらです。

Q: アショカはどんな分野の仕事にも精通していますか?
A:

アショカはソーシャル・アントレプレナーたちから学び連携することで、「誰もがチェンジメーカー」になれる社会を作るための鍵となるパターンを追求しています。現在、アショカでは、若者が育つ環境に抜本的な変化を生み出すことを目的とした個人や組織のネットワークを構築し、若者一人ひとりがチェンジメーカーになるためのスキルと機会が得られるようことを目指しています。今日のアショカ・フェローのひらめきは、明日インパクトが生まれる分野を指し示します。アショカは、「誰もがチェンジメーカーである世界」を築くために不可欠である共創的な起業家精神をもつ人々および取り組みに投資しています。現在、それらは以下の通りです。

  1. 社会の仕組みレベルでの変革を生み出す先進的なソーシャル・アントレプレナー
  2. すべての子どもが他者とエンパシーを持ちながら成長すること
  3. すべての若者がエンパシー、新しいリーダーシップ、チームワーク、およびチェンジメーキングの能力を磨くこと
  4. 社会が流動的でオープンなチーム・オブ・チームズとして組織されること

詳しくは「アショカ・グロサリー」をご参照ください。

Q: 社会起業家とは何ですか?
A:

社会起業家は、差し迫った社会的、文化的、環境的な課題に革新的な解決策を提供する個人です。 彼らには高い目標意識と粘り強さがあります。困難な課題に立ち向かい、システムレベルでの変革をもたらす新たなアイデアを生み出します。彼らは、ソーシャルセクターの組織や企業を通じて、自身が生み出したソリューションを維持・拡散させ、世の中に価値を創出します。 「社会起業家が新しいアイデアを手にすることほど、パワフルなものはありません」(Ashoka創設者 ビル・ドレイトン -Bill Drayton)

Q: アショカのフェローはどのような人たちですか?
A:

アショカ・フェローとは、社会問題に対する革新的なソリューション、および社会のパターンを変革する可能性を持っているとアショカが認めたソーシャル・アントレプレナーです。彼らは大胆で新しいアイディアへの揺るぎないコミットメントを示し、共感、創造性、そして共創が変革のための大きな力であることを証明しています。アショカ・フェローは、世界90か国以上で、あらゆる領域の人々のニーズに対応しています。

Q: フェローを推薦するにはどうすればいいですか?
A:

素晴らしい取り組みを行っているソーシャル・アントレプレナーを知っている、またはあなた自身がそのようなソーシャル・アントレプレナーであるならば、ぜひともお話を聞かせてください。アショカ・フェローの推薦方法はこちらをご参照ください。

Q: 「アショカ」とはどういう意味ですか?
A:

アショカとは、世界中で知られる偉大なソーシャル・アントレプレナーの一人であるインド皇帝アショカを称えるために付けた名前です。紀元前3世紀にインド全土を統一したアショカ王は、暴力を放棄するとともに、歴史上最も寛容で世界的な思考を持つ創造性豊かなリーダーの一人であり、経済発展と社会福祉の分野における改革を行いました。創造性、グローバル志向、寛大さで知られるアショカ王は、社会イノベーターの初期の手本の一人として有名です。また、サンスクリット語のアショカは、「悲しみの積極的な欠如」を意味します。

Q: チェンジメーカーとは何ですか?
A:

チェンジメーカーは、社会的な問題を解決するために創造的な活動を行っている人のことです。 チェンジメーカーが目指すのは、人類にとって非常に重要な変革です。例えば、社会そのものの変革や、世界中の人々の向上に繋がる変革を意味しています。 チェンジメーカーは、他者の気持ちを汲み取り、特定の問題や機会を見つけ、行動を起こす人です。そして、知識、リソース、決意を結集させて問題に取り組みます。続きを読む.

Q: 「『誰もがチェンジメーカー』である世界」とはどういうものですか?
A:

誰もがチェンジメーカーである世界とは、多くの人々が効率的かつ想像力豊かに社会問題に対応し、より良い方向への変化を推進するための自信、スキル、サポートを誰もが備えている社会です。年齢やバックグラウンドに関係なく、誰もが将来を築くために貢献する社会では、レジリエンスと包括的なものの見方が兼ね備えられています。この新しいパラダイムは、子どもたちの成長や学び、都市の未来に向けての組織性、企業にとっての能力や戦略、慈善事業者によるインパクト、そして社会にとっての成功と発展の定義などに大きく影響するでしょう。

Q: ジャーナリストによる、アショカへのインタビューは可能ですか?
A:

インタビューのリクエストは、 お問い合わせフォーム をご使用ください。

Q: アショカで働く、またはボランティアとして協力するにはどうすればいいですか?
A:

アショカは、強力なアイディアを実現した経験を持つ、創造的で有能なリーダーを募集しています。ご自身が該当する場合は、アショカの採用基準をご覧いただき、チームへ参加またはボランティア協力ページよりお申込ください。

Q: アショカを財政的に支援するにはどうすればいいですか?
A:

オンラインでの寄付ができます。また、パートナーシップ連携を組むことも可能です。

FAQs in United States

Q: What is Ashoka's legal status?
A:

Ashoka is a registered 501(c)3 in the United States.