EN | FR | IT | ES | DE | PT-BR | JAで利用可能

アショカ・サポート・ネットワークに参加する

アショカ・サポート・ネットワーク(ASN)は、アショカ・フェローが十分な成果をもたらせるように、3年間にわたりアショカに一定額以上の寄付をするメンバーで構成されています。ASNメンバーは自らの経験やリソース、個人的なネットワークを活用してアショカ・フェローに協力します。アショカ・フェローは有益なアドバイスやコネクション、資金などを得ることでシステミック・チェンジに向けた取り組みを拡大することができます。

「アショカ・サポート・ネットワークは、専門知識やサポート資金と共に、大切な情熱や熱意を併せ持っています。究極的には、ソーシャル・アントレプレナーが前進し続けるために必要なのはこの情熱・熱意なのです。昨年参加したASN年次会合は、素晴らしい経験でした。さまざまな関係を築き上げるため、次回も参加したいと思います。」

                                  – Madison Ayer(ケニア)/アショカ・フェロー/ Farm Shop CEO/アショカ・グローバライザー参加者

優れたソーシャル・アントレプレナーの活動を通じて、持続的な真の変革をもたらしてみませんか?自国のアショカ・サポート・ネットワークについて詳しく知りたい方は、以下の「連絡する(Get in Touch)」からアクセスして下さい。

 ASNについて続きを読む >>

エグゼクティブ・イン・レジデンス

あなたは、会社の経営幹部、人事部長、または人材開発の責任者ですか?

貴社の利害関係者の方々が気に掛けている問題の解決に取り組むソーシャル・アントレプレナーと繋がりを持ちたい場合は、以下の「連絡する(Get in Touch)」にアクセス下さい。私たちは、鋭敏で[1] グローバルマインドを持ったリーダーを育成する革新的なプログラムの開発や、優秀な人材の維持・確保、貴社が抱える難題に対する革新的なインサイトの創出に、共に取り組んでいきます。

経営幹部や人材開発の責任者ではなくても、リーダーシップ開発に関心がありましたら、EiRプログラムに参加可能です。本プログラムへの参加について詳しく知りたい方は、下記のフォームからお問合せ下さい。アショカやその世界的ネットワークに参加する他の方法についても是非ご検討ください。

プログラム参加者の体験談:

ウエスタンユニオン社で重要な役割を果たす副社長のBassem Awada氏は、南アフリカにおける若者向け通貨プログラムの規模拡大を図るため、同社のR-Labsとアショカ・フェローのMarlon parker氏で共同していくこととしました。このプログラムは、地域のためになる行動をした若者たちに報酬を与えることを目的としています。若者たちはオンライン・プラットフォームでこれらの報酬を「預金」でき、地元の店舗で携帯電話を用いてこの通貨を使用することができます。Bassem氏はR-Labsと2週間にわたり共同して取り組み、このプログラムを大きくスケールアップさせ、参加する若者と店舗数を増やす計画を練り上げました。彼がこの任務を終えた2015年11月から4カ月間で、R-Labsは若者の参加者数を2倍以上に増やすことに成功しました(現在では7,000人の若者が参加)。さらに、通貨を受け入れる店舗も当初はわずか10の小規模店舗にとどまっていましたが、現在では35店舗にまで増加しています。

 

EIRプログラムについて続きを読む >>

連絡する
 
 

ボランティア

「誰もがチェンジメーカー」となる世界では、誰もが自らの能力を活かし、世界の困難な課題に対する解決策を創造し、人々の幸福に貢献していくことができます。アショカのボランティアは、アショカ・フェローや世界各地のスタッフ、アショカ・ネットワークに属する全ての人々と共同し、世界中でシステミック・チェンジを推進するアショカのチームメンバーの一員となれます。

現時点でボランティアとして活動できる仕事については、Ashoka-LinkedIn Volunteer Marketplaceをご参照ください。このサイトを通じて、ご自身の関心事やスキルに応じた取り組みにボランティアとして関わるための申請書をご提出いただけます。サイト上にはさまざまなボランティア業務が掲載されていますが、そのいくつかを以下にご紹介いたします。

アショカでのボランティア活動について詳しくは、ボランティア活動に関するよくある質問ボランティア・チェックリストページをご確認ください。

 

“アショカで働く”からボランティアを見つける