Available in ENITJAFRDEES

21世紀におけるリーダーシップの意味は?

2008年から2011年までの3年間に、驚くべきことが起きました。これによって、リーダーシップに関する私たちの見方が、根本から揺らぐことになりました。その結果、革命的な変化が起きました。私たちは将来、リーダーシップの概念そのものについて振り返るでしょう。あたかも現代の私たちが、18世紀や19世紀の礼儀作法を非常に堅苦しいルールであると考えるように。この古い時代の遺物は多少の興味をそそるものの、自己表現と個人の成長を抑圧してきたものなのです。
 
7年前に始まった出来事とは、ソーシャルメディアが突如、爆発的に普及したことです。2004年にスタートし順調に成長したFacebookは、2008年から2011年の間に、ユーザー数が5,000万人から10億人に増えました。Twitterのユーザーも600万人から5億人に急増しました。YouTubeのユーザーが1分間にアップロードする映像の長さは、13時間から48時間へと増加しました。
 
このことは、インターネットの全ユーザーのうちソーシャルメディアを利用する人の割合が、わずか3年間に30%から65%に上昇したことを意味します。
このソーシャルメディアとリーダーシップの関係とは何なのでしょうか?FacebookやYouTube、そしてTwitterなどのサービスは、ソーシャルメディアというプラットフォームが持つ力を証明しました。すなわち、21世紀の一般的な市民が、他者と繋がるためのツールと創造する自由さえ手にすれば、時にはクリエイティブな産業を凌駕するほどのオリジナリティを発揮できることを示したのです。
 
その結果、「優れたリーダーシップとは、もはや『支配すること』や戦略的ビジョンを押し付けることではなく、誰もが繁栄・創造できるプラットフォームを作ることを意味する」という認識が、ますます広がるようになりました。

一例を挙げると、全世界に信奉者がおり、今もカルト的な人気が高まっている組織理論の専門家Frederic Lalouxは、Jos de Blokと面会した際の逸話を語ってくれました。De BlokはBuurtzorgの創業者兼CEOです。オランダの看護・介護組織であるBuurtzorgは、創業時の従業員数はわずか4人だったものの、9年後には9,000人にまで増加しました。成長の秘訣は、オランダ各地にいる少人数の看護師チームに、すべての意思決定権を委ねたことでした。このような体制をとっていることで、Buurtzorgで中央管理・経営部門を担う従業員はわずか45人しかいません。しかし、効率性を大きく向上させたBuurtzorgは、オランダの看護・介護の分野に影響をもたらしています。

ほとんどのCEOは、数千人ものスタッフがいる組織を率いていることから、面会を求めても与えられる時間はせいぜい30分程度でしょう。ところがde Blokは、Lalouxと何時間も話し込み、Buurtzorgのビジョンや体制について事細かに話してくれました。Lalouxが驚いたのは、面会中のde Blokに、一本の電話もかかってこなかったことです。張り詰めた面持ちの秘書がドアをノックし、緊急の判断を求めるようなこともありませんでした。de Blokには、重要な会議に出ることも、決定を下すことも、メモを取らせることも、全く必要ないようでした。

その理由は単純です。de Blokの役割は、Buutzorgの看護師たちが、適切と考える方法で自らの組織を運営できるよう、彼らに自由と権限とリソースを与えることだからです。スタッフにあれこれ指示を出すことに、1日のほとんどを費やすことは、de Blokの仕事ではありません。事実、このような行動は明らかに有害であると、Buutzorgは考えています。

 

 

de Blokや、Lalouxの著書で紹介されている事例は、リーダーシップの新たな神髄を示しています。ソーシャルメディアネットワークと同じように、彼らの仕事は、周囲の人々が意志を決定し、変化を生み出せるような枠組みを作り出すことです。このようなアプローチは、英雄的で強引なリーダーシップを前提とする、伝統的な概念とは異なります。それは、オープンに人々にツールを提供するYouTubeのなどのプラットフォームが、戦後画一的な製品を大量生産していた企業と異なるのと同じことなのです。

テストステロンに突き動かされる従来型の経営者たちにとっては、驚きや恐怖すら感じる状況かもしれません。しかし、ソーシャル・エンタープライズの世界では、全く目新しいものではありません。最高のソーシャル・アントレプレナーは、何年も前から(Twitterなどが普及するはるか前から)、変化を生み出す最も効果的で持続的な方法とは、権限を抱え込むことでなく、権限を手放すことであることを知っています。

優れた人物は、活動を進めるに当たって自ら先頭に立つことはありません。例えばアショカ・フェローであるAlbina Ruizは、ペルーでゴミ拾いを余儀なくされる人々の貧困と孤立を目の当たりにして衝撃を受けましたが、決して出しゃばろうとはしませんでした。その代わりに彼女は、リサイクル事業を立ち上げて生活を自力で変えるためのリソースとツールを、彼らに提供したのです。

だからこそ、このような3000人のソーシャル・アントレプレナーのネットワークであるアショカは、誰もがチェンジメーカーになれる世界が必要であると確信しているのです。あなた一人がチェンジメーカーの役割を担うのではなく、他の人々が独力で変化を生み出せるようサポートすること。これこそが、この新しい世界でリーダーになることの意味なのです。

チェンジメーキングをもたらすリーダーシップへのシフトは、強力な規則があったというよりも、Ronald Inglehartが綿密かつ詳細に研究したとおり、一般の人々が自己表現と自己決定をますます望むようになったことの現れなのです。一方で、人々の創造性を刺激するプラットフォームを提供すれば、このような条件下で何を成し遂げられるかを、ソーシャルネットワークは明確に示しています。リーダーシップに関する考え方をシフトさせる上で、ソーシャルネットワークは非常に有益な目的を果たしています。

しかし、この革命はまだ始まったばかりです。Inglehartの研究は、自己決定と自己表現への欲求が、今後も強まることを明らかにしています。このような強力な流れと、急速に変わり続けるテクノロジーの世界を組み合わせれば、リーダーがあり余るほど生まれる日がすぐに訪れるかもしれません。なぜならテクノロジーは、人々が創造性を発揮し互いにつながるための、より革新的な手段をもたらすからです。自立した21世紀のチェンジメーカーが、偉そうに振る舞う自己中心主義者の言いなりになることを、わざわざ選ぶ理由がどこにあるでしょうか?ブロックチェーンのアプリを活用したり、友人や同僚たちのスキルや想像力を使ったりすれば、平等な立場で自由に協力することができるのですから。

したがって、息苦しいコルセットや、年長者に対して恭しく帽子を取る行為を、現代の私たちが奇妙だと感じるように、おそらく21世紀の中頃には、成果管理や経営陣の決定を、私たちは奇妙な儀式とみなすようになるでしょう。これらに古風な面白みはありますが、時の流れとともに朽ち果てるでしょう。

Images from gettyimages