リードヤング(LeadYoung)・ストーリー では、チェンジメーキングを実践してきたチェンジメーカーをご紹介します。

LeadYoung(リードヤング)についてよくある質問

LEAD YOUNG(リードヤング)とは何ですか?

リードヤングは、問題を特定し、チームを編成し、指導し、解決策を生み出した若者の力を示すストーリーテリング・イニシアチブです。 若いチェンジメーカー(加えて若くしてチェンジメーキングを始めた人たち)の体験談を集め、どのようにすれば変革を起こせるかについて、より多くの若者に知ってもらいます。 これらのストーリーにより、誰もが新しい現実について理解しやすくなるでしょう。 これにより、21世紀の進路を決める新しい社会のフレームワークを浮き彫りにします。全ての人が他者の気持ちを汲み、チームを組み、新しい定義のリーダーシップやチェンジメーカーキングなどに取り組んでいます。

チェンジメーカーとは何ですか?

変革を起こすことは、理想主義者や起業家だけが行うことではありません。 私たちの町や都市、学校、職場は、あなたのような人々のおかげで成り立っています。 チェンジメーカーとは、他者の気持ちを気にかけることができる人です。 問題を乗り越え解決策を生み出すことができる人です。そして、現状に満足しない人でもあります。

リードヤングの必要性?

変化の速さは劇的に加速しています。 反復ばかりの組織の古いやり方は、急速にすたれてきています。 仕事の性質そのものが変化しています。 しかし、若者はこの破壊的な変化を乗り越えるための道具を備えていません。 彼らは、今や古くて消えつつある流れ作業に乗り続けています。 今日の社会では、誰もがチェンジメーカーになる必要があるのです。 若者、親、教育者は、世界を成功へと導く新しい学習の枠組みが必要であることを理解しなければなりません。

なぜ、若いチェンジメーカーなのか?

急速に変化する今日の世界では、私たちには皆、新しい能力が必要です。それらは、エンパシー、共同創造的なチームワーク、全ての人がリードできるような新しいリーダーシップのスタイル、全ての人々のためのチェンジメーキングの能力です。 これらの能力を習得するには、若い頃から実践が必要です。 私たちは、若者にはその力があると信じています。 その実践とは、自分たちのコミュニティで見られる問題をみずから解決しようとすることです。 しかし、私たちは若者にただ呼びかけるだけではありません。 問題を解決するには、社会、すなわち親、先生、同僚、その他の大人たちからのサポートも必要です。

参加方法は?

リードヤング・ツールキット から始めてみてください。
ご自身のリードヤングストーリーはこちらから
リードヤングストーリーの連載の定期配信の申し込みはこちらから (newsletter).
また、リードヤング・ストーリーコレクションをご覧いただき、若者が既に解決に取組み始めている諸問題についてインスピレーションを得てください。彼らのプロジェクトの1つに関わってみたいと思うかもしれません!

リードヤングに年齢制限はありますか?

チェンジメーキングに年齢は関係ありません。 特に若者を応援しているのは、力に気付くのが早ければ早いほど、協働の仕方や他者を力づける方法など新たなスキルを長きに亘って身につけることができるからです。

誰でもチェンジメーカーになることができます。 このキャンペーンを通して、若い人たちに、チェンジメーキングにおいて年齢は関係ないことを知ってもらいたいのです。 ジョシュアズ・ハートのジョシュア・ウィリアムズは4歳半でチェンジメーキングを始めました。 しかし、チェンジメーカーとなるのに、歳を取り過ぎているということはありません。必要なことは、周りの問題を精査し、問題を解決し、チームを築き、世界を変えていくことです。若者でも若者でなくても、私たち一人ひとりが、リードヤングのための時間と空間、サポートを得る手助けをすることで、世界に重要なインパクトをもたらすことができるのです。

リードヤングチームへの連絡方法は?

こちらまでご連絡ください。 [email protected]