絶え間なく変化する世界の中で、若者はどのように成長するのか、彼らはどのようにリーダーシップを発揮するのか、彼らの周りの問題に対するソリューションをどのように追求するのかについて、古い考え方でそのまま判断していったとき、社会がどのように対応できるか想像できますか?

若者を育てている今日の組織や機関が、現在の絶えず変化する世界に目を向けず、現状維持の基準に基づいて新しい人材を雇い、学生を募集し続けるとどうなるのでしょうか?

アショカのユースベンチャーにおいて若者は、うまく今日の世界の変化を加速させるために、エンパシーを実践し、協力しながらリードし、「チーム・オブ・チームズ」の文化を体系化して、周囲の問題に対する創造的な解決策を実現できなければなりませんす。

 

なぜユースベンチャーか?

絶え間なく変化する世界において、若者は学内でも学外でもチェンジメーキングを実践する機会を得て、人生のあらゆる面でそこからの学びを応用していく必要があります。

アショカのYouth Venture®は、教育者、学校、保護者、および企業と協力して、若者チェンジメーカーたちが4つのコア「チェンジメーカースキル」であるエンパシー、協調的リーダーシップ、流動性のあるチーム作り、チェンジメーキングを学び、実践できる環境を提供しています。ユースベンチャーにおいて若者たちは、は、アイディアを生み出し、イニシアチブをとり、コラボレーションを通じて積極的な変化を育みながら、チェンジメーキングのコアスキルを行動で示すチェンジメーカーです。

アショカは、アショカ・フェローシップ内の熟練したソーシャル・アントレプレナーからの洞察を元に、1996年にユースベンチャーを開始しました。コミュニティと若者の生活を改善する最も効果的な方法の一つは、青少年に責任を与えることです。創造的なアイディアを解き放ち、エンパシー、リーダーシップ、チームワーク、チェンジメーキングのフィールドを開拓し、ポジティブな変化を起こしていく若者のために、私たちはチャンスを創出するよう努めています。


 

ユースベンチャーとは?

絶え間なく変化する世界の中で、若者はどのように成長するのか、彼らはどのようにリーダーシップを発揮するのか、彼らの周りの問題に対するソリューションをどのように追求するのかについて、古い考え方でそのまま判断していったとき、社会がどのように対応できるか想像できますか?

若者を育てている今日の組織や機関が、現在の絶えず変化する世界に目を向けず、現状維持の基準に基づいて新しい人材を雇い、学生を募集し続けるとどうなるのでしょうか?

アショカのユースベンチャーにおいて若者は、今日の世界の変化を加速させるために、エンパシー共感を実践し、協力しながらリードし、「チーム・オブ・チームズ」の文化を体系化して、周囲の問題周りの課題に対する創造的な解決策を実現できなければなりません。

Critical pathways for changemaking

 

どのように活動するのか

Youth Venture’s experiential programs and creative strategies ensure that today’s young people—and the youth ecosystem that supports them—are ready and equipped to lead and thrive in the new game. Below is a snapshot of some of our diverse program offerings that we co-create with schools/educators, youth, universities, parents, and companies:

  • アショカのユース・フェローシップ(*開発中):このプログラムでは、世界中のアショカ・フェローやパートナーと協力して、チェンジメーカー革命を先導する若者を探して選出します。私たちがサポートするチェンジメーカーとは、チェンジメーキングのビジョンを元にしたプロジェクトを立ち上げ、積極的にピア・インフルエンサーとして活動をしていける若者たちのことです。
  • ユア・キッズ(開発中)は、子どもたちをチェンジメーカーにするための従業員/保護者をサポートするための、企業との協力プログラムです。この取り組みを通じて、対象企業内でチェンジメーカーの文化を構築していくこともできます。また、教師と共に学生がチェンジメーカーになる過程のサポートや、他の市民セクター組織の活動の支援にもつながります。学校と教師ネットワークとの共同創造セッションでは、ユースベンチャーが教育パートナーや学生リーダーと共同して学校内にチェンジメーキングの文化を構築する方法を共同企画する、双方向的なプロセスです。
  • 「夢を見よ。そしてそれを実行せよ。」は、若者たちがチームで活動し、チーム内部のチェンジメーカーを発見して、社会に貢献するソーシャルベンチャーを立ち上げるプログラムです。
  • ペアレント・チェンジメーカーでは、自宅でチェンジメーカー環境を構築することを目的とする、共創的なプログラムを父母向けに提供しています。チェンジメーカーの自覚がある若者たちは、自らの周囲から問題を解決し、変革を起こしていける能力を備えているのです。チェンジメーカーのためのストリーテリング・イノベーションは、コミュニティ構築と社会的影響力拡大ができる効果的なコミュニケーターを養成する、教師や若者のための青少年参加型プログラムです。若者、教師、従業員は、自分たちのこれまでの変化の軌跡やビジョンを表現し、コミュニティのために創造的な取り組みを創出し、ユース・ネットワーク、メディア、企業、団体、学校、社会の間でチェンジメーキングの認知度とその方法の多様性を高めていく方法を学びます。
  • グローバル・ユース諮問評議会では、ベンチャー企業とソーシャル・アントレプレナーを集結し、自国のチェンジメーカー・キャンペーン/アクションを開始するためのスキルセットを共有します。評議会は、アショカのイベントを軸として、社会との若者の関わり方について意見を出し合い、をアショカのユース・イヤー・チームに戦略的なアドバイスをしますます。
  • チェンジメーカー・ソサイエティの参加者は、、若者がチェンジメーカーになるための相互学習の推進、グローバル・ユース諮問評議会のメンバーとして活動をしていきます。
  • より詳しい情報は、こちらからご参照ください。

 

私たちのインパクト...

若者によるチェンジメーキングのインパクトは、ソーシャルイノベーションでも、一つのプロジェクトでも、それらだけで決まる者ではありません。私たちは、真のインパクトを行動に変化をもたらす規模での意識改革と、少し野心的に定義しています。若者によるチェンジメーキングは、、若者が、個人的に、学校全体で、または他の若者向けコミュニティレベルで、自分がチェンジメーカーであることを認識しているかどうかから始まります。「誰もがチェンジメーカー」である社会で進んでいくためには、この力が必要なのです。

  1. 12歳や15歳の子どものうち、自分たちがチェンジメーカーであることを知っている人の割合はどのくらいでしょう?
  2. 学校(または他の若者向けコミュニティ)関係者の中で、コミュニティ作りの成功または失敗が、「誰もがチェンジメーカー」の文化構築にかかっていることを知っている人の割合は何パーセントですか?

Staff