BI EIR Mohamed Bayoumy and Ashoka Fellow Moka Lantum
「革新的な思考と技術を使用してヘルスケア業界を再編することに重点を置いている、才能と意欲を持つ個人と協働する素晴らしい経験です...私は彼とこのトピックを掘り下げていくことで、ヘルスケアと、安全で信頼できる薬剤へのアクセスを可能にする環境を作り出す新しいモデルについて知る機会を得ました」

‒ EIR Mohamed Bayoumy、べーリンガーインゲルハイム、サウジアラビア、およびアショカ・フェローMoka Lantum、iSikCure、ケニアの創設者。上の写真をクリックすると、EIR卒業生のMohamed Bayoumy氏とのフルインタビューを視聴できます。

エグゼクティブ・イン・レジデンスプログラムを通じて、企業エグゼクティブたちは、2週間から6か月間にわたって、世界中の有力なソーシャル・アントレプレナーと現場で協力することになります。エグゼクティブは、この協力期間中にソーシャル・アントレプレナーが自らの影響を拡大する上で欠かせない、何か一つの課題に取り組むことになります。

これと同時にエグゼクティブは、世界をリードするソーシャル・アントレプレナーと活動することにより、新たなイノベーション、新興市場、そしてリーダーシップの技法を学び、自身の活動持ち帰ることができます。現場での取り組みが終了しても、エグゼクティブとソーシャル・アントレプレナーは、協力関係を事実上継続するとともに、それぞれが所属する組織にとってもプラスとなるような、共通の価値観に基づく提携関係を築く機会を得られます。

BI EIR Michael Doelland アショカ・ホストフェローFrank Hoffman、ディスカバリング・ハンズ、ドイツ

このプログラムを通じて、企業は以下のことを行うことができます。

  1. 90か国以上における3,000人を超えるアショカ・フェローの比類ないグローバルネットワークにアクセスすること。
  2. コミュニティ開発、教育、金融サービス、ヘルスケア、人権などの分野で最先端のソーシャルイノベーションを創出フェローと連携すること。
  3. すでに実績をあげているフェローとともに明確で影響力の強いプロジェクトに取り組み、社会的に大きなインパクトを与えること。
  4. 所属する会社の関心事項、エグゼクティブスキルセット、およびフェロープロジェクトに合致する高度にカスタマイズされたマッチングシステムを通じて、共有価値を実現するための基礎を築くこと。
  5. アショカが25年にわたり、ベーリンガーインゲルハイム、マッキンゼー&カンパニー、ウェスタン・ユニオンなどのエグゼクティブのためにプロボノ機会をサポートしてきた経験を利用すること。

 

Executive in Residence 2-pager

上の画像をクリックすると、エグセクティブ・・イン・レジデンス(両面2ページ印刷可能)にアクセスできます

EIR Impact and Learnings

Click on the image above to gain first hand insights from EIR alumni and their learnings

「アショカのエグゼクティブ・イン・レジデンスとのプロボノ体験は、私にとって非常に貴重なものでした。この体験を経て、私は以前よりも共感的になり、社会的変化を創造する上での私たちの会社の役割をより深く理解し、世界にプラスの変化をもたらす自分の力を認識しています。...私はすべての企業リーダーに対し、持てる時間とスキルを社会分野のために使うようにすすめます。」

Staff