Available in EN | FR | IT | ES | DE | PT-BR | JA

グローバル・パートナーシップ

 

アショカは、ソーシャルインパクトを目指すための理想的なパートナーです。革新的な共創モデルを通じて、さまざまな利害関係者(市民社会やソーシャル・アントレプレナーや民間企業)の強みを活用することができます。社会と環境に関するさまざまな課題に効果的に対処するため、ウィン・ウィンのパートナーシップを作り出しています。

ネットワークによって、世界中の主要なパートナーたちと協力することができるのです。企業や社会、そして人々の間に立ちはだかる障壁を打ち破ることにより、社会の大規模な問題に効果的に対処します。また、新しい協力モデルも導入しています。

アショカは1980年の発足以降、さまざまな関係を構築しています。この関係は、地方レベルの善意に基づく自発的な取り組みから各企業との戦略的・未来志向の取り組みまでさまざまです。

世界中のソーシャル・アントレプレナーを支援する取り組みと「誰もがチェンジメーカー」となる世界というビジョンを推進するため、数多くの個人や財団や企業による貢献に頼っています。

 

エグゼクティブ・イン・レジデンス

 

アショカのエグゼクティブ・イン・レジデンスのプログラムは、企業のエグゼクティブと有力なソーシャル・アントレプレナーとの間で効果的な協力関係を育むことを目的とするものです。このような協力関係は伝統的な市場のあり方を変革し、競争力を高め、システム全体に社会的影響力をもたらす力を秘めています。

エグゼクティブ・イン・レジデンスプログラムを通じて企業のリーダーたちは2週間から6か月間にわたって世界中の有力なソーシャル・アントレプレナーと現場で影響力の規模を拡大する上で欠かせない、一つの課題に協力しながら取り組むことになります。

これと同時に企業のリーダーらは世界をリードするソーシャル・アントレプレナーとともに活動することにより、新たなイノベーションや新興市場やリーダーシップに関する教訓を学ぶことができます。現場での取り組みが終了しても、エグゼクティブとソーシャル・アントレプレナーらは、協力関係を継続するとともにそれぞれが所属する組織の利益となるよう共通の価値観に基づく組織の提携関係を築く機会を得られます。

 

EIR meeting

「エグゼクティブ・イン・レジデンスは、マーケティングスキルを高められた上に初めての状況でもこのスキルを発揮することのできた貴重な機会となりました。ヘルスケア製品の製造に長年携わってきており、医療機関や医療制度関係者への売り込み方法には精通していました。その一方で、今回EiRで行った患者への売り込み方法について深く考える機会はそれほどありませんでした。患者の家族について考えることであり、ある特定の病気によって影響を受ける人々について考えることに他なりませんでした。」

  – Gati Dharani、Boehringer-Ingelheimのシニア・アソシエート・ディレクター、2015年にアショカ・フェローのAled Edwardsと協力

 

連絡方法
 
 

アショカ・サポート・ネットワーク

 

社会的影響力を実現できる機会をお探しですか?アショカ・サポート・ネットワークのメンバーたちは、有力なソーシャル・アントレプレナーが参加するアショカのグローバル・フェローシップと連携しています。以下のボタンをクリックして、さまざまな連携の実例をぜひご覧ください。

このアショカ・サポート・ネットワーク(ASN)は、さまざまな分野で活躍する革新的なリーダーたちに、伝統的な慈善活動の枠を乗り越えて、アショカのフェローとともに世界最高のソーシャル・アントレプレナーを誕生させる機会を提供します。

ASNメンバーはそれぞれの関心や能力に基づき、さまざまな方法でアショカのフェローと協力しています。ASNは、アショカ・グローバライザーのプログラムを活用して戦略の規模を拡大する方法について、フェローにアドバイスを与える機会や、アショカのソーシャル・ファイナンス・アクセラレータを通じて、独占的投資に関する売り込みをフェローから聞く機会、そして各地の会合やグローバルなサミットにおいてフェローが抱える組織的課題のソリューションについてブレインストーミングする機会を提供します。